抗糖化が防ぐ糖尿病・動脈硬化

体に残った糖質が焦げた状態とも表現されるのが糖化です

体内でそのような状態になっているのですから、様々な病気の引き金になってします。

 

その中でも多いのが糖尿病動脈硬化です。

老化を防ぎアンチエイジングの効果のある抗糖化は血管にも言えます。

 

血管の若返りができれば、血管の病気とも言われている糖尿病を防ぐことができます。

動脈硬化もまた、血管を若返らせることで予防が可能です

 

糖化が進んで病気になった状態が糖尿病です。

 

糖尿病自体も怖いですが、本当に怖いのは糖尿病の合併症です。

糖尿病は自覚症状のない病気でサイレントキラーとも言われています

 

そして、糖尿病と病院で診断されても自覚症状がないために、治療に真剣にならないため、

気が付いたときは最悪な状態になっているという怖い病気です

 

日本で糖尿病性神経障害によって下肢を切断する人は、年間約10,000人を超すといわれています。

 

血管の病気と言われている糖尿病なので、心臓から遠く離れた足には血液が充分いかないために

神経症がおこります。

 

そのため、足に怪我をしたり傷がついても痛みを感じないので、気が付いたときは

足が壊疽(腐った状態)になっていて、切断せざるをえないのです。

 

そして、糖尿病性網膜症による高度の視力障害が年間約4,000人もの人に起こっています。

糖尿病性腎症による人工透析に進む人もいます。

 

血管に障害がある動脈硬化も、糖尿病患者さんにリスクが高くなります

 

老化を促進させる糖化を防ぐ抗糖化は、

血管年齢を若返らせて、糖尿病や動脈硬を防ぐことも可能なのです

 

関連記事

抗糖化作用がある食品と糖化を防ぐ調理法

抗糖化を助けるサプリメント

体内に糖が多く残らないようにするには

抗糖化が期待できる食品の食べ方

小腹がすいたときに糖化がおこりやすい

抗糖化が防ぐ白内障・アルツハイマー