小腹がすいたときに糖化がおこりやすい

「小腹がすいた」という言葉がありますが、お腹がちょっとだけすいたときに使われます。

 

このちょっとだけお腹がすいたときに我慢できるかできないかが、

糖化の進度の分かれ目と言われています。

 

食事と食事のおやつの時間、このおやつの食べ方で糖化を招くリスクが高くなってしまいます。

 

また、食事をして食べた後にも小腹がすいたと感じるときがあります。

 

口寂しいという表現の仕方もありますが、お腹は一杯のはずなのに、なんとなく物足りないのです。

 

そんな時に食べるものは、糖化成分が余計に増えて老化物質を溜めさせて、

老化が早く進んでしまうとされています

 

しかし、そんなときに食べてはいけないとわかっていても我慢できないのが人間です。

 

本当は、白湯化緑茶で我慢をすると一番良いです。

 

そんな時はアモーンドを2粒化3粒ほどを出来るだけ時間をかけて食べて我慢することをおススメします。

 

小腹がすいたときの対策は多くの方が実行していて、キシリトールガムを2時間噛み続ける人、

煮干しを3本できるだけ噛まずに時間をかけて食べる人、あるいは梅干を口に入れて、

種をいつまでも口に入れる人など様々です。

 

こうすることで口寂しさが紛らわされて食べ過ぎが抑えられて、

糖化による老化物質が溜まってしまうことが避けられるというわけです。

 

アンチェックエイジングがしたい方、肌が黄色っぽくなったり、肌の衰えが気になる方、

また、各種病気を避けたい方には簡単に糖化を防ぐ方法としておススメです。

 

 

他にもアンチエイジングを行いたいなら、本来の酵素の力を使って行う方法があります。

 

健康でキレイでありたいためには、身体の中からキレイにすることが大切です!!

 

御購読ありがとうございました。

関連記事

抗糖化はくすみやたるみを作らせない

体内に糖が多く残らないようにするには

抗糖化でアンチエイジング

抗糖化に効果のあるスキンケアコスメ

糖化は何歳ごろから始まるかの?

抗糖化とはどのようなことか?