体内に糖が多く残らないようにするには

体に悪い糖化は体内に余分な糖が溜まって老化物質を生成していまいます。

 

炭水化物などを摂ると体内でブドウ糖となり、消化されなかった余分な糖は人間の体の中で、

エネルギーとして溜まりますがそして溜まったエネルギーが脂肪になってしまいます。

 

糖を脂肪に変えるのはスムーズにいきますが、一度脂肪に変わったものは分解しにくく時間も変わります。

 

いわゆるサビのようについてしまいます。

このサビのように付いた老化物質が糖化です。

 

体内に糖が多く残らないようにする方法としておススメは、体内に老化物質の糖を溜めないようにして、ダイエットを成功させる「糖質制限ダイエット」です。

 

この糖質制限ダイエットの良いところは、カロリーを気にすることなくダイエットができることや、

好きなお肉やお魚を我慢しなくてもいいのです。

 

ストレスなくダイエット

食べたいものを我慢するというのはストレスが溜まるものですが、

ストレスを溜めることなくダイエットができます。

 

そして、お腹がすいたのに食べられないとなるとこれもストレスになりますが、

空腹感を感じないダイエットなのでストレスを感じることなく、無理なく痩せられます。

 

痩せることができるばかりでなく、生活習慣病の予防にもなり、

もちろん体内に糖を溜めこまないので糖化の予防になるというわけです。

 

前置きが長くなりましたが、体内に糖が残らないようにする糖質ダイエットのやり方は、

避けるべき食品が決まっていて、それ以外なら何でも食べていいのです。

 

ご飯やパンの炭水化物の糖質が一番太る原因になるので、それらを減らしますが、

もし食べ過ぎた時は、糖質制限を助けるお茶を飲みます

 

そのお茶には、プーアール茶や、ガルニシア茶、サラシア茶などもありますが、

お砂糖もミルクも入れないブラックコーヒーがおススメです。

 

コーヒーは、血糖値が上がるのを抑えて、インシュリンの分泌を活性化させるので、

糖質制限をサポートします。

 

糖質制限をサポートするコーヒーは、体内を糖化させない方法としてぜひ試してみてください。

 

関連記事

抗糖化とはどのようなことか?

抗糖化が防ぐ糖尿病・動脈硬化

抗糖化にはバランスの良い食事を

抗糖化を助けるサプリメント

糖化は何歳ごろから始まるかの?

抗糖化が防ぐ白内障・アルツハイマー