抗糖化 アンチエイジング

抗糖化を実践して老化を防ぎいつまでも元気な身体を手に入れる!

抗糖化を実践してアンチエイジングを行う!

抗糖化が防ぐ白内障・アルツハイマー

アンチエイジングに一番の効果があるのが抗糖化です。

 

その他様々な病気の予防もできる抗糖化は、

白内障・アルツハイマーの予防にも効果が期待できます

 

年を取ったら体が老化するのは仕方がないと諦めないでください。

 

近年の研究でわかってきたこと

糖化や抗糖化の研究が進んだ今、色々なことが解明されて明らかになってきました。

 

老化を引き起こす要因が必要以上の糖分の摂り過ぎということがわかり、

体内に残った糖分が老化物質となり、体内のあちこちで溜まってしまうため起こるのが老化です。

 

アンチエイジングの大敵の糖化は、肌にシワやたるみを作り、くすみの原因ともなります。

 

そして、髪の毛のツヤやコシが失われ、老廃物質が溜まることで糖尿病を招いたり、

高血圧や動脈硬化も招きます。

 

骨のコラーゲンが糖化すると、骨粗しょう症の原因にもなってしまいます。

 

そして、目には白内障の原因を作り、アルツハイマーの原因ともなります。

 

アルツハイマーの患者さんの脳を検査すると、通常のお年寄りの3倍もAGEsが

含まれていることが報告されています。

 

糖化の影響とは

糖化の影響で、細胞死が起こることもわかってきています

 

AGEsとは、後記糖化反応生成物のことで、糖尿病の患者さんが普通の人よりも

アルツハイマーになるリスクが高いことからも、AGEsの存在と影響がわかっています。

 

糖化を防ぐ抗糖化を心がけることは、アンチエイジングでいつまでも若々しく

綺麗でいられるばかりでなく、白内障やアルツハイマーの予防もできるのです。

 

糖化を防ぐ生活習慣を身に付けることをおススメします。

 

抗糖化が防ぐ糖尿病・動脈硬化

体に残った糖質が焦げた状態とも表現されるのが糖化です

体内でそのような状態になっているのですから、様々な病気の引き金になってします。

 

その中でも多いのが糖尿病動脈硬化です。

老化を防ぎアンチエイジングの効果のある抗糖化は血管にも言えます。

 

血管の若返りができれば、血管の病気とも言われている糖尿病を防ぐことができます。

動脈硬化もまた、血管を若返らせることで予防が可能です

 

糖化が進んで病気になった状態が糖尿病です。

 

糖尿病自体も怖いですが、本当に怖いのは糖尿病の合併症です。

糖尿病は自覚症状のない病気でサイレントキラーとも言われています

 

そして、糖尿病と病院で診断されても自覚症状がないために、治療に真剣にならないため、

気が付いたときは最悪な状態になっているという怖い病気です

 

日本で糖尿病性神経障害によって下肢を切断する人は、年間約10,000人を超すといわれています。

 

血管の病気と言われている糖尿病なので、心臓から遠く離れた足には血液が充分いかないために

神経症がおこります。

 

そのため、足に怪我をしたり傷がついても痛みを感じないので、気が付いたときは

足が壊疽(腐った状態)になっていて、切断せざるをえないのです。

 

そして、糖尿病性網膜症による高度の視力障害が年間約4,000人もの人に起こっています。

糖尿病性腎症による人工透析に進む人もいます。

 

血管に障害がある動脈硬化も、糖尿病患者さんにリスクが高くなります

 

老化を促進させる糖化を防ぐ抗糖化は、

血管年齢を若返らせて、糖尿病や動脈硬を防ぐことも可能なのです

 

糖化とはどのようなことか?

糖化とは、いわゆる体のサビのことで「体がコゲる」という言い方もされていますが、

 

糖化は体に強いダメージを与えます。

 

比較的早い年代で老けた人や、病的に老化した人の多くが、

この糖化が進んだ状態になっているといいます。

 

最近の医学の研究で、糖化と肌の老化の関係がわかってきて、そして現代は、

この糖化をこの糖化を進めさせる生活環境が担っているといわれています。

 

また、生活環境の他にも、食べ物によっても糖化が早く進みます。

 

特に甘い食べ物は、特に糖化を加速させる!

ちなみに甘いものの摂り過ぎは、糖尿病になるリスクが高くなるほか、冷え性になったり、

年を取ると体が辛くなったりと、「甘いものの摂り過ぎは万病の元」とも言われています。

 

肌の老化を早め、病気になる心配もある甘いものですが、甘いものを我慢しようと思っても、

なかなか我慢できない人がいます。

 

そんな時は3日間だけ、甘いものを絶対に食べないで我慢をしてみてください。

 

味覚がリセットされて、異常なまでに食べたかった欲求が落ち着くと言われています。

 

病気になってからでは遅いので、試してみることをおススメします。

 

糖化と糖尿病の合併症

このように甘いものは体のサビの糖化を促進させますが、

怖いのは糖化糖尿病合併症の関係です。

 

糖尿病は、始めは自覚症状がほとんどありません。

 

通常の健康診断でも発見されにくく、血液検査を希望して初めてわかる人もいます。

 

糖尿病にかかっている人は、血液の中のグルコースの濃度が高いため糖化しやすく、

 

また、糖化になるスピードが早くなってしまいます。

 

糖尿患者もまた予備軍の人も大勢いると言われていますが、

これを防ぐには、甘い物の摂り過ぎを避け、

 

アンチエイジングの生活習慣を心がけることが一番の予防と言えるようです。

 

サーチ
テーマ
最近の投稿
記事一覧