抗糖化 アンチエイジング

抗糖化を実践して老化を防ぎいつまでも元気な身体を手に入れる!

抗糖化を実践してアンチエイジングを行う!

抗糖化が防ぐ白内障・アルツハイマー

アンチエイジングに一番の効果があるのが抗糖化です。

 

その他様々な病気の予防もできる抗糖化は、

白内障・アルツハイマーの予防にも効果が期待できます

 

年を取ったら体が老化するのは仕方がないと諦めないでください。

 

近年の研究でわかってきたこと

糖化や抗糖化の研究が進んだ今、色々なことが解明されて明らかになってきました。

 

老化を引き起こす要因が必要以上の糖分の摂り過ぎということがわかり、

体内に残った糖分が老化物質となり、体内のあちこちで溜まってしまうため起こるのが老化です。

 

アンチエイジングの大敵の糖化は、肌にシワやたるみを作り、くすみの原因ともなります。

 

そして、髪の毛のツヤやコシが失われ、老廃物質が溜まることで糖尿病を招いたり、

高血圧や動脈硬化も招きます。

 

骨のコラーゲンが糖化すると、骨粗しょう症の原因にもなってしまいます。

 

そして、目には白内障の原因を作り、アルツハイマーの原因ともなります。

 

アルツハイマーの患者さんの脳を検査すると、通常のお年寄りの3倍もAGEsが

含まれていることが報告されています。

 

糖化の影響とは

糖化の影響で、細胞死が起こることもわかってきています

 

AGEsとは、後記糖化反応生成物のことで、糖尿病の患者さんが普通の人よりも

アルツハイマーになるリスクが高いことからも、AGEsの存在と影響がわかっています。

 

糖化を防ぐ抗糖化を心がけることは、アンチエイジングでいつまでも若々しく

綺麗でいられるばかりでなく、白内障やアルツハイマーの予防もできるのです。

 

糖化を防ぐ生活習慣を身に付けることをおススメします。

 

抗糖化でアンチエイジング

老化を進ませてしまうのが糖化です。

従って、この糖化を防ぐ抗糖化をすることでアンチエイジングが可能です

 

抗糖化に効果があるとされる健康食品やサプリメント他、スキンケアコスメも販売されています。

 

しかし、日常の様々な生活習慣を改善することで抗糖化が可能です。

 

抗糖化でアンチエイジングを行って、身も心も若々しく爽やかな生活をエンジョイすることをおススメします。

 

私たち人間の体の臓器他組織を作っているのがタンパク質と糖分です。

その糖分の不規則な結合が糖化です。不規則な結合を起こす原因が体内に溜まった糖分です。

 

その溜まった糖分が糖化となり、タンパク質を硬く変色させます。

 

「パンが焦げた状態」とも表現されますが、まさしくタンパク質が焦げた状態になってしまうのです。

 

老化を加速させるこの状態にならないようにする抗糖化でアンチエイジングが可能なのです。

 

抗糖化でアンチエイジングをしたいときのおススメ

ゆっくり良く噛んで食べること、そして、1日3回の食事をきちんと摂ること

たっぷりの野菜を食事の始めに食べてください。

 

その他炭水化物の繊維質は必要ですが、糖分が多いので糖化に繋がりやすいので、

ご飯類は控えめに、そして、決して食べ過ぎないでください。

 

そして日常の生活習慣で気を付けることは、ストレスが溜まると体内で糖化しやすいので

ストレスを解消する努力をしてみてください。

 

そして、適度な運動が欠かせないのですが、理想は食事をした後、

1時間ほどのときにウォーキングなどの軽い運動がおススメです。

 

1時間後に行うことで血糖値の上昇が避けられます

 

これらの抗糖化のための方法は、アンチエイジングで若さと美しさを保つためにも、

また、病気を招かない健康な体作りのためにもおススメです。

 

糖化は何歳ごろから始まるかの?

糖分はタンパク質と結合しやすく、糖化したたんぱく質は茶色く硬くなり、

お肌をくすませたり、様々な病気の引き金になってしまします。

 

この糖化の現象は20代から始まっているといいますが、

30代や40代になると一気に進み黄色っぽくなった自分の肌に気が付いたりします

 

どんなに高級なスキンケアコスメを使ってみても、20代のころの清潔感あふれる肌を

取り戻すことは難しく、年だからと諦めてしまいがちです。

 

しかし、20代の肌を取り戻すのは不可能でも、これ以上に肌の老化を進めないための方法はたくさんあるのです。

 

事実50歳や60歳になっても若い人以上に綺麗な女性も大勢います。

 

そのような女性は糖化を意識して、あるいは知らずのうちに糖化を防ぐ生活習慣を

繰り返していたのだと思われます。

 

糖化を防ぐ生活習慣には、まずは食べ物から

たんぱく質が変化して糖となり、黄褐色の老化物質が生まれますが、太っている人ほど

この老化物質が溜まりやすく、肌が黄色くくすむなどの結果になってしまいます。

 

また、たとえ太っていなくても、ビールが好きでよく飲む人や、甘いものが好きな人、

食べ過ぎる傾向のある人は要注意です。

 

どの病気の予防にもよく言われることですが、

炭水化物を摂りすぎることなく野菜を多くした食生活が欠かせません

 

アンチエイジングを望むなら、30過ぎても綺麗な肌と健康を望むなら、

糖化を防ぐ食生活の習慣をつけることをおススメします。

 

糖化とはどのようなことか?

糖化とは、いわゆる体のサビのことで「体がコゲる」という言い方もされていますが、

 

糖化は体に強いダメージを与えます。

 

比較的早い年代で老けた人や、病的に老化した人の多くが、

この糖化が進んだ状態になっているといいます。

 

最近の医学の研究で、糖化と肌の老化の関係がわかってきて、そして現代は、

この糖化をこの糖化を進めさせる生活環境が担っているといわれています。

 

また、生活環境の他にも、食べ物によっても糖化が早く進みます。

 

特に甘い食べ物は、特に糖化を加速させる!

ちなみに甘いものの摂り過ぎは、糖尿病になるリスクが高くなるほか、冷え性になったり、

年を取ると体が辛くなったりと、「甘いものの摂り過ぎは万病の元」とも言われています。

 

肌の老化を早め、病気になる心配もある甘いものですが、甘いものを我慢しようと思っても、

なかなか我慢できない人がいます。

 

そんな時は3日間だけ、甘いものを絶対に食べないで我慢をしてみてください。

 

味覚がリセットされて、異常なまでに食べたかった欲求が落ち着くと言われています。

 

病気になってからでは遅いので、試してみることをおススメします。

 

糖化と糖尿病の合併症

このように甘いものは体のサビの糖化を促進させますが、

怖いのは糖化糖尿病合併症の関係です。

 

糖尿病は、始めは自覚症状がほとんどありません。

 

通常の健康診断でも発見されにくく、血液検査を希望して初めてわかる人もいます。

 

糖尿病にかかっている人は、血液の中のグルコースの濃度が高いため糖化しやすく、

 

また、糖化になるスピードが早くなってしまいます。

 

糖尿患者もまた予備軍の人も大勢いると言われていますが、

これを防ぐには、甘い物の摂り過ぎを避け、

 

アンチエイジングの生活習慣を心がけることが一番の予防と言えるようです。

 

サーチ
テーマ
最近の投稿
記事一覧