抗糖化 アンチエイジング

抗糖化を実践して老化を防ぎいつまでも元気な身体を手に入れる!

抗糖化を実践してアンチエイジングを行う!

抗糖化を助けるサプリメント

防げば防げる体の糖化や肌の糖化です。

抗糖化の生活を心がけて、健康で美しい肌をエンジョイしたいものです。

 

毎日の食事で糖分の摂取を抑えることが大切なのですが、

思うようにいかないのが食事でのコントロールです。

 

そんな事実上むずかしい抗糖化をサポートしてくれるのが、

抗糖化のための健康食品やサプリメントです。

 

肌の表側からサポートする抗糖化に特化したスキンケアコスメも多数販売されていますが、

体の内側からサポートする健康食品やサプリメントもあります。

 

賢く利用して抗糖化対策をすることをおススメします。

 

体の糖化を進めてしまう物質、AGE(終末糖化産物)を測定する機会もあります。

 

抗糖化を助けるサプリメントを販売しているお店では、

糖化度を測ってくれるところもあるのでおススメです。

 

抗糖化を助けるサプリメント「シールズ AGハーブMIX & レスベラトロール」

販売しているアークレイ株式会社は、長年糖尿病患者さんと向き合ってきた結果、

このサプリメントを開発しています。

 

食べたものの中から毎日糖化が起こり、糖化物質が溜まっていきます。

 

抗糖化サプリメントは続けることが大切ですが、1ヶ月6,090円となっており、

3個購入でさらに割引があります。

 

詳しくはこのサプリメントの公式サイトをご覧いただくことをおススメします。

 

この外にも「イル・ヴリール プレミアムルラクス」「 抗糖花」

などのおススメサプリがあります。

 

今話題のスーパーフード・天然発行サプリ「キレイモ」も、

抗糖化を助けるサプリメントとしておススメです。

 

 

サプリメントは栄養補助食品として手軽に摂れて便利ですが、

 

健康でキレイでありたいためには、身体の中からキレイにすることも大切です!!

 

御購読ありがとうございました。

 

抗糖化に効果のあるスキンケアコスメ

エイジングケアに効果のあるコスメして、様々な化粧品が販売されています。

 

糖化によって変化してしまった肌を正常化するために

必要なアミノ酸を配合したコスメなど様々です。

 

糖化による肌への影響は大きく、シミやシワや年齢肌の一番の原因となっています。

 

糖化したタンパク質は、分解されない性質を持っています。

 

そのため、一度生成されると増え続けてしまうのが糖化です。

 

悪いことに、食べ物の耐水化物を分解して糖にしてエネルギーとして生きる人間は

常に糖化しやすい状態にあるということです。

 

体の糖化を防ぐために食生活に気をつけたり適度な運度をしたりなどが大切ですが、

抗糖化に効果のあるスキンケア用品で、お肌のエイジングケアをすることをおススメします。

 

そのための化粧品としてポーラB.Aがありますが、このコスメは心理ストレスがお肌の老化を

進めるとして、女性の心理的ストレスと肌の美しさの関係を研究した結果生まれたコスメです。

 

まずは1ヶ月お試しいただくために、

「B.Aモイスチャースターターセット」が送料無料の8,964円(税込)

 

というお得な価格で提供されています。

実際に体感してみることをおススメします。

 

また、糖化が進んでシミやくすみが出来てしまった肌におススメは、

年齢肌にまだ間にあうとして、サントリーのエファージュがあります。

 

エファージュは酵母のちからで年齢肌を若返らせるコスメで、

50代からの肌が明らかに違うと評判のコスメです。

 

この外、アンチエイジングケアの救世主として、アイモスト、味の素・ジーノ、

ディセンシア・アヤナスなどなど、抗糖化を目的としたスキンケアコスメで

お肌の若返りをすることをおススメします

 

また、日焼けも糖化を進めてしまうので、日焼け止めクリームは欠かせません。

 

抗糖化に効果がある軽い運動

健康に欠かせない軽い運動は、抗糖化にもえますが、特におススメは

食後1時間ほどした後でのウォーキングやスクワットです。

 

食後1時間というのは血糖値一番上がりやすい時間帯なのです。

 

従ってこの時間帯に軽い体操をすることで血糖値の上昇が.抑えられるので抗糖化が期待できます。

 

また、運動には脂肪を減らす運動と筋力をつける運動とがあります

 

有酸素運動の特徴

抗糖化対策には脂肪を減らす運動がおススメですが、脂肪を減らす運動には有酸素運動が効果があります。

 

そして、筋力をつける運動には、無酸素運動の激しい運動が効果あります。

 

有酸素運動はヨガ他気功など多くの健康法に取りいれられていますが、

有酸素運度は、筋肉の中のグリコーゲンと体脂肪を使うため、

贅肉がエネルギーとして消費されて、体脂肪を減らすことができます

 

体に溜まった余計な脂肪が老廃物となって糖化が進みますから、

体脂肪を減らすことで抗糖化ができます。

 

脂肪は体のその部分にも付きますが、内臓に溜まる内臓脂肪が一番危険です。

 

何事もバランスが大事

ただ、脂肪を減らすというと、お肉の食べる量を減らすと考えがちですが、

これもバランスの問題で、減らしすぎると害が出てきます。

 

それは、つい最近の日曜日朝の「健康の時間」でやっていましたが、

お年寄りなどが肉類を減らしすぎて低栄養になってしまうケースが増えているそうです

 

低栄養というのは、いわゆる栄養失調の状態で、だんだん体に力がなくなり、

酷くなると寝たきりになってしまうので、気を付けるようにとのことでした。

 

そして、2日に1回はお肉を食べるように勧めていました。

 

抗糖化にはバランスの良い食事を

加齢を早めるだけでなく、様々な病気を招くのが糖化で、それを防ぐのが抗糖化です。

 

抗糖化は、毎日の食生活に気を付けることでも可能です。

 

あなたの食べる食品の中に含まれている糖質や炭水化物の成分が、

抗糖化に直接影響を及ぼします。

 

過剰な糖質が含まれている食品を食べ続けることは体が糖化して老化を早めます。

それを防ぐのは毎日の食事です。

 

バランスのいい食事は肌やからだの老化を防げる

ただ、ダイエットに限らず脂肪が嫌われがちですが、しかし脂肪を減らしすぎると体が冷えます

 

体を冷やし過ぎると免疫力が落ちるほか、将来妊娠しにくい体になってしまいます。

 

抗糖化には脂肪の摂り過ぎは良くないのですが、脂肪もバランスが大切です。

 

心がけたいのは、炭水化物が6割で、タンパク質2と脂肪が2の割合の食事です。

 

そして、糖化するのを防ぐため、ゆっくり良く噛んで食べることをおススメします。

 

糖尿病の食事療法では、1回の食事に30分かけて食べることを進めています。

 

この食べ方で、便通が良くなって体調が良くなる人も大勢います。

健康に良いことは全てに通じると感じます。

 

ちなみに「白砂糖の恐怖」などという言葉がありますが、精製された白砂糖は

糖化の大敵ばかりでなく、体を溶かしたり登校拒否児や暴力児に、

砂糖の取り過ぎの傾向が指摘されています。

 

この外、精製された白い食品として、小麦粉や白米などがありますが、

なるべく控えることをおススメします。

 

抗糖化が期待できる食品の食べ方

最近食べる順序で体に吸収されかた違うと盛んに言われるようになりましたし、

日本には昔から「甘いものは別腹」という言葉もありました。

 

いつの時代から言われた言葉か知りませんが、科学や医学はわからなくても、

理にかなった言葉です。

 

昔の人の生活の知恵には、驚かされるものがたくさんあります。

 

別腹のメカニズム

この「甘いものは別腹」の科学的根拠は、脳は甘いと感じると至福感を感じて

ドーパミンが分泌されます。

 

美味しいものを食べるときにはオレキシンという物質が脳内で分泌されて、

これから胃に入る甘いものを受け入れる体制を整えます。

 

脳から送り出された信号により、胃の筋肉を緩ませたり広げたりするので

小腸に送り出すことがスムーズになります。

 

そして、胃も広くなり胃に甘いもの入るスペースができ「別腹」となるのだそうです。

 

別腹を起こさせるは、脳の仕組みだったのです。

 

したがって美味しいものの同士の組み合わせは食べ過ぎの危険が生じるので気を付けてください。

 

食事で注意したい内容

また、食べたくないのに時間だからと無理に食べたり、嫌いなものを我慢して

食べるのも栄養にならないどころか害になってしまいます

 

食べない害よりも食べ過ぎの害の方がはるかに大きいので、食べたくないときに

無理に食べるのは避けたほうが体には良いようです。

 

このように同じ食品でも、体への影響が大きく違ってきます。

様々ある抗糖化が期待できる食品の食べ方で、基本は良く噛んで食べることです。

 

そして、ほとんどの食材は熱を加えることで栄養価がかなり奪われますから

調理をするときに気を付けてください。

 

そして、抗糖化にするためにやっていただきたいのは、食事をした後1時間ぐらいした時に血糖値が一番上がります。

 

そのときにスクワットや軽い運度をすることで血糖値が下がります

 

この抗糖化に効果のある運動の仕方は、糖尿病や生活習慣病の患者さんにもおススメしたい運動法です。

 

抗糖化作用がある食品と糖化を防ぐ調理法

血糖値が上がらない食べ物を食べるだけでも抗糖化ができますが、

さらに抗糖化作用があるとされる食品がありますのでご紹介します。

 

その食品とは、生姜ほか緑黄色野菜や果物など、食物繊維を含むもの全般の数多くの野菜があります。

 

ただし、植物繊維を多く含むと言ってもご飯類は糖分が多いので、少量に抑えてください

 

ちなみに、加工食品のなかには、終末糖化産物のAGEが含まれているものがありますから

気を付けてください。

 

AGEが含まれる加工食品には、ベーコンや、ポテトチップスなどのスナック類他、

コーラなどの糖分が多い飲み物などがあります。

 

糖化を防ぐ調理法

抗糖化作用のあるゴボウと、同じく抗糖化作用のある生姜のかき揚げなどがおススメです。

 

ゴボウは千切りにした後、10分程水にさらすとアクも抜けて色も綺麗な色になります。

生姜も千切りにしてカラッと揚げてください。

 

また、きくらげには植物繊維も多く抗糖化作用が高いのでおススメです。

 

きくらげの調理法としては、きくらげとゴボウと、ニンジンのサラダにします。

 

ゴボウはささがきにして酢水につけて、ニンジンはピーラーで薄く切ります。

 

そしてさっと茹でてから少量の塩でもみ、マヨネーズをあえて出来上がりです。

 

たっぷりの白ゴマをかけると香ばしく、さらに美味しく食べることができます。

 

ちなみに、白ごまは「殻むき白ごま」にしてください。

 

殻がむいてないと、体内で消化される前に便として排出されてしまいます。

 

抗糖化に良い食べ方は色々です。美味しく食べてアンチエイジングをして、

若さと健康を保つことをおススメします。

 

抗糖化が防ぐ白内障・アルツハイマー

アンチエイジングに一番の効果があるのが抗糖化です。

 

その他様々な病気の予防もできる抗糖化は、

白内障・アルツハイマーの予防にも効果が期待できます

 

年を取ったら体が老化するのは仕方がないと諦めないでください。

 

近年の研究でわかってきたこと

糖化や抗糖化の研究が進んだ今、色々なことが解明されて明らかになってきました。

 

老化を引き起こす要因が必要以上の糖分の摂り過ぎということがわかり、

体内に残った糖分が老化物質となり、体内のあちこちで溜まってしまうため起こるのが老化です。

 

アンチエイジングの大敵の糖化は、肌にシワやたるみを作り、くすみの原因ともなります。

 

そして、髪の毛のツヤやコシが失われ、老廃物質が溜まることで糖尿病を招いたり、

高血圧や動脈硬化も招きます。

 

骨のコラーゲンが糖化すると、骨粗しょう症の原因にもなってしまいます。

 

そして、目には白内障の原因を作り、アルツハイマーの原因ともなります。

 

アルツハイマーの患者さんの脳を検査すると、通常のお年寄りの3倍もAGEsが

含まれていることが報告されています。

 

糖化の影響とは

糖化の影響で、細胞死が起こることもわかってきています

 

AGEsとは、後記糖化反応生成物のことで、糖尿病の患者さんが普通の人よりも

アルツハイマーになるリスクが高いことからも、AGEsの存在と影響がわかっています。

 

糖化を防ぐ抗糖化を心がけることは、アンチエイジングでいつまでも若々しく

綺麗でいられるばかりでなく、白内障やアルツハイマーの予防もできるのです。

 

糖化を防ぐ生活習慣を身に付けることをおススメします。

 

抗糖化が防ぐ糖尿病・動脈硬化

体に残った糖質が焦げた状態とも表現されるのが糖化です

体内でそのような状態になっているのですから、様々な病気の引き金になってします。

 

その中でも多いのが糖尿病動脈硬化です。

老化を防ぎアンチエイジングの効果のある抗糖化は血管にも言えます。

 

血管の若返りができれば、血管の病気とも言われている糖尿病を防ぐことができます。

動脈硬化もまた、血管を若返らせることで予防が可能です

 

糖化が進んで病気になった状態が糖尿病です。

 

糖尿病自体も怖いですが、本当に怖いのは糖尿病の合併症です。

糖尿病は自覚症状のない病気でサイレントキラーとも言われています

 

そして、糖尿病と病院で診断されても自覚症状がないために、治療に真剣にならないため、

気が付いたときは最悪な状態になっているという怖い病気です

 

日本で糖尿病性神経障害によって下肢を切断する人は、年間約10,000人を超すといわれています。

 

血管の病気と言われている糖尿病なので、心臓から遠く離れた足には血液が充分いかないために

神経症がおこります。

 

そのため、足に怪我をしたり傷がついても痛みを感じないので、気が付いたときは

足が壊疽(腐った状態)になっていて、切断せざるをえないのです。

 

そして、糖尿病性網膜症による高度の視力障害が年間約4,000人もの人に起こっています。

糖尿病性腎症による人工透析に進む人もいます。

 

血管に障害がある動脈硬化も、糖尿病患者さんにリスクが高くなります

 

老化を促進させる糖化を防ぐ抗糖化は、

血管年齢を若返らせて、糖尿病や動脈硬を防ぐことも可能なのです

 

抗糖化でアンチエイジング

老化を進ませてしまうのが糖化です。

従って、この糖化を防ぐ抗糖化をすることでアンチエイジングが可能です

 

抗糖化に効果があるとされる健康食品やサプリメント他、スキンケアコスメも販売されています。

 

しかし、日常の様々な生活習慣を改善することで抗糖化が可能です。

 

抗糖化でアンチエイジングを行って、身も心も若々しく爽やかな生活をエンジョイすることをおススメします。

 

私たち人間の体の臓器他組織を作っているのがタンパク質と糖分です。

その糖分の不規則な結合が糖化です。不規則な結合を起こす原因が体内に溜まった糖分です。

 

その溜まった糖分が糖化となり、タンパク質を硬く変色させます。

 

「パンが焦げた状態」とも表現されますが、まさしくタンパク質が焦げた状態になってしまうのです。

 

老化を加速させるこの状態にならないようにする抗糖化でアンチエイジングが可能なのです。

 

抗糖化でアンチエイジングをしたいときのおススメ

ゆっくり良く噛んで食べること、そして、1日3回の食事をきちんと摂ること

たっぷりの野菜を食事の始めに食べてください。

 

その他炭水化物の繊維質は必要ですが、糖分が多いので糖化に繋がりやすいので、

ご飯類は控えめに、そして、決して食べ過ぎないでください。

 

そして日常の生活習慣で気を付けることは、ストレスが溜まると体内で糖化しやすいので

ストレスを解消する努力をしてみてください。

 

そして、適度な運動が欠かせないのですが、理想は食事をした後、

1時間ほどのときにウォーキングなどの軽い運動がおススメです。

 

1時間後に行うことで血糖値の上昇が避けられます

 

これらの抗糖化のための方法は、アンチエイジングで若さと美しさを保つためにも、

また、病気を招かない健康な体作りのためにもおススメです。

 

抗糖化はくすみやたるみを作らせない

体の糖化はくすみやたるみ他、糖尿病などの病気を招いてしまいます。

 

それに対して、抗糖化はくすみやたるみを作らせないアンチエイジングの働きをしてくれます。

 

老化を早めるだけでなく、糖尿病ほかの病気になるリスクが高くなるのが糖化ですが、

糖化は肌に直接表れるので、医師が見ればその人の肌を見ただけで糖尿病の進行状態までわかるといいます。

 

肌のハリを保っているのがコラーゲンですが、糖化はコラーゲンの繊維を破壊するため、

弾力性がなくなり、くすみやたるみを作ってしまいます。

 

体の中に老廃物が溜まると、便秘やニキビなどが出来ますが、その老廃物に

糖化の生体反応がプラスされると、老廃物がさらに溜まる環境が作られてしまい、

その結果肌にくすみやたるみを作ってしまいます

 

この糖化を解消してくれるのが抗糖化で、アンチエイジングに欠かせないのは、抗酸化と抗糖化です。

 

抗糖化は日常の生活習慣を見直すことで糖化を防ぐことができます。

 

糖化の防止には、糖尿病患者さんの食事療法と同じように、血糖値の急上昇を避けます。

 

炭水化物は糖質が多いので、ご飯などの量を減らし、野菜類を多くした食事内容にします。

 

食べる順番によっても血糖値の上がり方が違ってきます。まず最初に野菜を食べてください。

 

その次に肉や魚などのタンパク質類を食べます。最後にご飯類という順序で食べますが、

しっかり時間をかけて良く噛んで食べるとさらに効果が上がります。

 

この食べ方で体内に糖が多く残ることが防げます

 

サーチ
テーマ
最近の投稿
記事一覧