抗糖化 アンチエイジング

抗糖化を実践して老化を防ぎいつまでも元気な身体を手に入れる!

抗糖化を実践してアンチエイジングを行う!

体内に糖が多く残らないようにするには

体に悪い糖化は体内に余分な糖が溜まって老化物質を生成していまいます。

 

炭水化物などを摂ると体内でブドウ糖となり、消化されなかった余分な糖は人間の体の中で、

エネルギーとして溜まりますがそして溜まったエネルギーが脂肪になってしまいます。

 

糖を脂肪に変えるのはスムーズにいきますが、一度脂肪に変わったものは分解しにくく時間も変わります。

 

いわゆるサビのようについてしまいます。

このサビのように付いた老化物質が糖化です。

 

体内に糖が多く残らないようにする方法としておススメは、体内に老化物質の糖を溜めないようにして、ダイエットを成功させる「糖質制限ダイエット」です。

 

この糖質制限ダイエットの良いところは、カロリーを気にすることなくダイエットができることや、

好きなお肉やお魚を我慢しなくてもいいのです。

 

ストレスなくダイエット

食べたいものを我慢するというのはストレスが溜まるものですが、

ストレスを溜めることなくダイエットができます。

 

そして、お腹がすいたのに食べられないとなるとこれもストレスになりますが、

空腹感を感じないダイエットなのでストレスを感じることなく、無理なく痩せられます。

 

痩せることができるばかりでなく、生活習慣病の予防にもなり、

もちろん体内に糖を溜めこまないので糖化の予防になるというわけです。

 

前置きが長くなりましたが、体内に糖が残らないようにする糖質ダイエットのやり方は、

避けるべき食品が決まっていて、それ以外なら何でも食べていいのです。

 

ご飯やパンの炭水化物の糖質が一番太る原因になるので、それらを減らしますが、

もし食べ過ぎた時は、糖質制限を助けるお茶を飲みます

 

そのお茶には、プーアール茶や、ガルニシア茶、サラシア茶などもありますが、

お砂糖もミルクも入れないブラックコーヒーがおススメです。

 

コーヒーは、血糖値が上がるのを抑えて、インシュリンの分泌を活性化させるので、

糖質制限をサポートします。

 

糖質制限をサポートするコーヒーは、体内を糖化させない方法としてぜひ試してみてください。

 

糖化は何歳ごろから始まるかの?

糖分はタンパク質と結合しやすく、糖化したたんぱく質は茶色く硬くなり、

お肌をくすませたり、様々な病気の引き金になってしまします。

 

この糖化の現象は20代から始まっているといいますが、

30代や40代になると一気に進み黄色っぽくなった自分の肌に気が付いたりします

 

どんなに高級なスキンケアコスメを使ってみても、20代のころの清潔感あふれる肌を

取り戻すことは難しく、年だからと諦めてしまいがちです。

 

しかし、20代の肌を取り戻すのは不可能でも、これ以上に肌の老化を進めないための方法はたくさんあるのです。

 

事実50歳や60歳になっても若い人以上に綺麗な女性も大勢います。

 

そのような女性は糖化を意識して、あるいは知らずのうちに糖化を防ぐ生活習慣を

繰り返していたのだと思われます。

 

糖化を防ぐ生活習慣には、まずは食べ物から

たんぱく質が変化して糖となり、黄褐色の老化物質が生まれますが、太っている人ほど

この老化物質が溜まりやすく、肌が黄色くくすむなどの結果になってしまいます。

 

また、たとえ太っていなくても、ビールが好きでよく飲む人や、甘いものが好きな人、

食べ過ぎる傾向のある人は要注意です。

 

どの病気の予防にもよく言われることですが、

炭水化物を摂りすぎることなく野菜を多くした食生活が欠かせません

 

アンチエイジングを望むなら、30過ぎても綺麗な肌と健康を望むなら、

糖化を防ぐ食生活の習慣をつけることをおススメします。

 

抗糖化とはどのようなことか?

糖化は体のサビであり体コゲるかのような状態です。

 

砂糖を煮詰めた時のカラメル化といったようなものです。

 

自分で糖化の程度をチェックする方法があります。

 

次にあげる事柄に当てはまる数が多いほど、糖化が高いということになります。

 

食べ方が早い、甘いものが大好きで良く食べる、朝飯は抜き、食べ過ぎることが多い、

定食を食べるとき、ご飯をはじめに食べる、お酒を飲んだ後麺類を食べる、

野菜が嫌い、ストレスが多い、パンや麺類を食べることが多い、運動はほとんどしないなど、

これに当てはまる数が多いほど糖化のリスクが高いと言えます

 

老化を早める他、糖尿病や、高血圧、骨粗しょう症他、様々な病気になるリスクが

高くなる糖化ですが糖化に対して「抗糖化」というのがあります。

 

抗糖化とは、体内に残った糖質から老化を促進させるAGE(終末糖化産物)が、

生成されるのを抑えるほか、減少させる働きのことを言います。

 

従って、アンチエイジングに抗糖化が役立つのはこのためで、抗糖化の存在が健康にも

美容にも大きく影響していることがわかり、現在さらに研究開発が進められています。

 

今では抗糖化を謳ったサプリメントやスキンケアコスメが販売されるようになっていますが、

著名な美容研究家の佐伯チズさんもこの抗糖化を多く取り入れています。

 

糖化を防ぐ抗糖化の働きを促すには、適度な運動、甘いものに依存することを他、

血糖値が上がりにくい食生活というのがあります。

 

抗糖化に役立つ食材を心がけて摂ることをおススメします。

 

タニタのホームページには、「老化を防ぐ抗糖化のポイント」なども載せられているので必見です。

 

小腹がすいたときに糖化がおこりやすい

「小腹がすいた」という言葉がありますが、お腹がちょっとだけすいたときに使われます。

 

このちょっとだけお腹がすいたときに我慢できるかできないかが、

糖化の進度の分かれ目と言われています。

 

食事と食事のおやつの時間、このおやつの食べ方で糖化を招くリスクが高くなってしまいます。

 

また、食事をして食べた後にも小腹がすいたと感じるときがあります。

 

口寂しいという表現の仕方もありますが、お腹は一杯のはずなのに、なんとなく物足りないのです。

 

そんな時に食べるものは、糖化成分が余計に増えて老化物質を溜めさせて、

老化が早く進んでしまうとされています

 

しかし、そんなときに食べてはいけないとわかっていても我慢できないのが人間です。

 

本当は、白湯化緑茶で我慢をすると一番良いです。

 

そんな時はアモーンドを2粒化3粒ほどを出来るだけ時間をかけて食べて我慢することをおススメします。

 

小腹がすいたときの対策は多くの方が実行していて、キシリトールガムを2時間噛み続ける人、

煮干しを3本できるだけ噛まずに時間をかけて食べる人、あるいは梅干を口に入れて、

種をいつまでも口に入れる人など様々です。

 

こうすることで口寂しさが紛らわされて食べ過ぎが抑えられて、

糖化による老化物質が溜まってしまうことが避けられるというわけです。

 

アンチェックエイジングがしたい方、肌が黄色っぽくなったり、肌の衰えが気になる方、

また、各種病気を避けたい方には簡単に糖化を防ぐ方法としておススメです。

 

 

他にもアンチエイジングを行いたいなら、本来の酵素の力を使って行う方法があります。

 

健康でキレイでありたいためには、身体の中からキレイにすることが大切です!!

 

御購読ありがとうございました。

糖化とはどのようなことか?

糖化とは、いわゆる体のサビのことで「体がコゲる」という言い方もされていますが、

 

糖化は体に強いダメージを与えます。

 

比較的早い年代で老けた人や、病的に老化した人の多くが、

この糖化が進んだ状態になっているといいます。

 

最近の医学の研究で、糖化と肌の老化の関係がわかってきて、そして現代は、

この糖化をこの糖化を進めさせる生活環境が担っているといわれています。

 

また、生活環境の他にも、食べ物によっても糖化が早く進みます。

 

特に甘い食べ物は、特に糖化を加速させる!

ちなみに甘いものの摂り過ぎは、糖尿病になるリスクが高くなるほか、冷え性になったり、

年を取ると体が辛くなったりと、「甘いものの摂り過ぎは万病の元」とも言われています。

 

肌の老化を早め、病気になる心配もある甘いものですが、甘いものを我慢しようと思っても、

なかなか我慢できない人がいます。

 

そんな時は3日間だけ、甘いものを絶対に食べないで我慢をしてみてください。

 

味覚がリセットされて、異常なまでに食べたかった欲求が落ち着くと言われています。

 

病気になってからでは遅いので、試してみることをおススメします。

 

糖化と糖尿病の合併症

このように甘いものは体のサビの糖化を促進させますが、

怖いのは糖化糖尿病合併症の関係です。

 

糖尿病は、始めは自覚症状がほとんどありません。

 

通常の健康診断でも発見されにくく、血液検査を希望して初めてわかる人もいます。

 

糖尿病にかかっている人は、血液の中のグルコースの濃度が高いため糖化しやすく、

 

また、糖化になるスピードが早くなってしまいます。

 

糖尿患者もまた予備軍の人も大勢いると言われていますが、

これを防ぐには、甘い物の摂り過ぎを避け、

 

アンチエイジングの生活習慣を心がけることが一番の予防と言えるようです。

 

サーチ
テーマ
最近の投稿
記事一覧