抗糖化 アンチエイジング

抗糖化を実践して老化を防ぎいつまでも元気な身体を手に入れる!

抗糖化を実践してアンチエイジングを行う!

糖化は何歳ごろから始まるかの?

糖分はタンパク質と結合しやすく、糖化したたんぱく質は茶色く硬くなり、

お肌をくすませたり、様々な病気の引き金になってしまします。

 

この糖化の現象は20代から始まっているといいますが、

30代や40代になると一気に進み黄色っぽくなった自分の肌に気が付いたりします

 

どんなに高級なスキンケアコスメを使ってみても、20代のころの清潔感あふれる肌を

取り戻すことは難しく、年だからと諦めてしまいがちです。

 

しかし、20代の肌を取り戻すのは不可能でも、これ以上に肌の老化を進めないための方法はたくさんあるのです。

 

事実50歳や60歳になっても若い人以上に綺麗な女性も大勢います。

 

そのような女性は糖化を意識して、あるいは知らずのうちに糖化を防ぐ生活習慣を

繰り返していたのだと思われます。

 

糖化を防ぐ生活習慣には、まずは食べ物から

たんぱく質が変化して糖となり、黄褐色の老化物質が生まれますが、太っている人ほど

この老化物質が溜まりやすく、肌が黄色くくすむなどの結果になってしまいます。

 

また、たとえ太っていなくても、ビールが好きでよく飲む人や、甘いものが好きな人、

食べ過ぎる傾向のある人は要注意です。

 

どの病気の予防にもよく言われることですが、

炭水化物を摂りすぎることなく野菜を多くした食生活が欠かせません

 

アンチエイジングを望むなら、30過ぎても綺麗な肌と健康を望むなら、

糖化を防ぐ食生活の習慣をつけることをおススメします。

 

 

サーチ
テーマ
最近の投稿
記事一覧